今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

  • ©Mosaïque Films - Artémis Productions - Panda Média - Nadasdy Film - France 3 Cinéma – 2012

大賞

Watch Movie

はちみつ色のユン

JUNG / Laurent BOILEAU

ドキュメンタリー・アニメーション [ベルギー / フランス]

朝鮮戦争後の韓国では、多くの子どもが養子として祖国を後にした。その中の一人「ユン」は、ベルギーのある一家に“家族”として迎えられた。肌の色が異なる両親と4人の兄妹とともに生活を送る中で、フランス語を覚え、韓国語や孤児院での生活を忘れることができた「ユン」。そんな時にもう一人、韓国からの養女がやってきて“家族”に加わった。彼女を見て、「ユン」は自分が何者なのかを意識し始める―。韓国系ベルギー人のユン監督が自身の半生を描いたマンガをもとに、ドキュメンタリー映画監督ローラン・ボアローと共同監督したアニメーション。現代のソウル、そして1970年当時のユン監督が写された8ミリフィルムや記録映像による実写と、手描きやCGによる3Dアニメーションといった多彩な手法でシーンを描き分け、アニメーション表現の可能性を切り拓く。肌の色が違っても、血のつながりがなくても、愛に満ちている“家族”のあり方を本作は物語っている。

75分

技法:実写による記録映像と、手描き・CGによる2D・3Dアニメーション

©Mosaïque Films - Artémis Productions - Panda Média - Nadasdy Film - France 3 Cinéma – 2012
監督・脚本:JUNG / Laurent BOILEAU|原作:『Couleur de peau: Miel』ユン著、クアドランツ/ソレイユ刊|美術監督:ジャン=ジャック・ロニ|ストーリーボード:エリック・ブリッシュ/アレクシ・マドリッド|キャラクターデザイン:エリック・ブリッシュ|編集:エンワン・リケール|音響:カンタン・コレット/マチュー・ミショー|音楽:ジークフリード・カント|主題歌:リトルコメット「ルーツ」|声の出演:ウィリアム・コリン/クリステル・コルニル/ジャン=リュック・クシャール/アルチュール・デュボワ/デヴィッド・マカルス|製作:モザイク・フィルム(フランス)/アルテミス・プロダクシオン(ベルギー)/フランス3シネマ(フランス)/パンダメディア(韓国)/ナダスディ・フィルム(スイス)|国際配給:Wide(フランス)|配給:トリウッド/オフィスH

プロフィール

Jung

ベルギー

1965年、韓国、ソウル生まれ。現在、ベルギーで活動中。コミック作家、イラストレーター。

( 2015 )

Laurent BOILEAU

フランス

1968年、フランス生まれ。ドキュメンタリー監督。カメラマン、エディターとしてドキュメンタリー番組に携わった後、監督に転身。フランスの国営放送「France 2 / France 3 / France 5」や、「Canal +」「Planète」の番組を多数手掛けるかたわら、バンド・デシネに関するサイトで論評も行っている。

( 2013 )

贈賞理由

昨今はやりの“自分探し” 物語とはひと味もふた味も違う作品である。肌の色の“はちみつ色”に込められた意味は多分に苦みも含まれていて複雑である。朝鮮戦争による特需で戦後日本が潤う中、韓国では戦争孤児が生まれた。その多くが欧米に里子に出されていた事実を隣国の我々は知らない。いやその想像力すら欠けていた。主人公「ユン」=作者が、捨てられた(のかもしれない)祖国=生母への思慕と、ヨーロッパ人家族(里親たち)の中の生活で独り異質である自らの心のゆがみを、作品は描いている。戦争や祖国の儒教的呪縛からもたらされた不運に対しても、また他人の不幸に手を差し伸べる確信的善意への反発をも、作者は抑制の効いた表現にとどめている。灰色の自己体験の表現をはちみつ色で中和して見せたのは作者の力量であろう。時代背景である事実の説明を実写映像が、作者自身の記憶と心情をアニメーションが織りなす形でつづられていく表現は巧みである。(大井 文雄)

部門トップに戻る