今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

寫眞館

なかむら たかし

NAKAMURA Takashi

短編アニメーション [日本]

時は戦前のある日、丘の上で写真館を営む主人の元に一組の夫婦が訪れる。婦人は恥ずかしそうに下を向くばかりだったが、写真館の主人はあの手この手で婦人の笑顔を写真に収めた。時は流れ、再びその夫婦とやってきたのは、ムスッとした彼らの愛娘だった─。主人と少女との交流を時代変遷とともに描く、ノスタルジックアニメーション。

(16 min. 43 sec.)

©studio colorido
監督・脚本・原画:なかむらたかし|美術監督:木村真二|動画検査:大谷久美子/村田充範|撮影監督:佐藤光洋|色彩設計:中内照美|CGI監督:大藪大助

プロフィール

なかむら たかし

NAKAMURA Takashi

日本

1955年生まれ、山梨県出身。アニメーター・監督・演出家。

( 2013 )

部門トップに戻る