今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

放浪息子

志村 貴子

SHIMURA Takako

[日本]

女の子になりたい男の子「二鳥修一」と、男の子になりたい女の子「高槻よしの」。二人はお互いの気持ちを知り、異性装での外出という秘密を共有するが、成長していく体、心の変化、周囲の人々との関係に、悩みが尽きることはない。思春期をさまよう少年と少女を、優しく、繊細に描いた物語。連載10年におよぶ長編作品。

©Takako Shimura 2013

プロフィール

志村 貴子

SHIMURA Takako

日本

1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。代表作『青い花』『放浪息子』はTVアニメ化された。そのほかの主著に『どうにかなる日々』『こいいじ』など。

( 2015 )

部門トップに戻る