今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査講評

ゆたかな疲れに身をゆだねて

髙橋 良輔

アニメーション監督

審査をしながらも、そしてそれを終えた今もある考えにとらわれている。それは日本においてのテレビアニメーションの位置づけというか役割というか、もうひとつ重ねて言えば貢献というかについてである。今回私が「劇場アニメーション、テレビアニメーション、オリジナルビデオアニメーション(OVA)」の審査区分を担当したことにもよるが、出品作品の多くがその出自をテレビアニメーションのシリーズに置いているように見えた。私見だが、日本のアニメーションは1963年以前と以後ではその存在の意味合いを一変させたのではないかと思っている。改めて記すまでもないが63年というのはテレビ30分シリーズアニメーションの『鉄腕アトム』が生まれた年だ。それ以前、日本にも普通の意味でアニメーションはあった。立派な作品も多数存在している。しかしテレビシリーズの鉄腕アトムの誕生によって、日本のアニメーション事情は世界のそれと決定的に違ったのではないだろうか。カンブリア大爆発ではないが"アニメ大爆発"が起こったのだ。ジャパニメーションという言葉があり、意味合いはさまざまに解釈されるが、主には世界に類を見ない多様性だと私は思っている。過激なロボットアクションものがあるかと思えば、王道の児童文学的な作品もある。SFやファンタジーものもあれば、学園ものスポーツもの、歴史に魔法、ユルユル萌え系......となんでもござれだ。ありとあらゆるジャンルが、ユーザーを求めてしのぎを削っている。一度確立されたジャンルは、ユーザーの肥えた目に鍛えられ、繰り返し制作される中でそのクオリティを上げてきた。多分この様なことは世界には稀で、ある意味驚きである。
今回の「劇場アニメーション、テレビアニメーション、オリジナルビデオアニメーション(OVA)」の受賞作を振り返ればその思いをいよいよ強くせざるを得ない。翻って「短編」に目を向ければその作家性の豊かさと完成度にこれまた驚かされた。

プロフィール

髙橋 良輔

TAKAHASHI Ryosuke

アニメーション監督

1943年、東京都生まれ。64年、株式会社虫プロダクションに入社、テレビアニメーション創世期に演出として各種作品にあたる。虫プロダクションを退社後、株式会社サンライズ創業期にSF作品『ゼロテスター』(1973─74)を監督し、その後の同社の方向を決める。代表作として『太陽の牙ダグラム』(原作・監督、1981)、『装甲騎兵ボトムズ』(原作・監督、1983)がある。ほかに手塚プロダクション『火の鳥』(監督、2004)、NHK『モリゾーとキッコロ』(監督、2004)、アニプレックス『FLAG』(原作・総監督、2006)、サンライズ『幕末機関説 いろはにほへと」(原作・総監督、2006)、WOWOW開局20年記念番組『オズマ』(総監督、2012)などがある。近年は大阪芸術大学にて教授として後進の指導にもあたっている。

( 2017 )

部門トップに戻る