今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • 秋山邦晴『囚われた女』の一部(高橋アキ所蔵)
    ©2013 Tomonari HIGAKI/Kuniharu AKIYAMA.

審査委員会推薦作品

囚われた女 ~秋山邦晴のテープレコーダーのための詩による

檜垣 智也

HIGAKI Tomonari

電子音楽、アクースマティックアート [日本]

前衛芸術集団・実験工房の秋山邦晴が、1953年に発表した詩と音楽のミクストメディア作品『囚われた女』(所在不明)。本作は、その詩を素材に創作した電子音響音楽である。ステレオ音声を主体とした本作は、録音再生技術を用い、電子音楽の礎を築いた先人たちのまなざしを、再確認することを目的のひとつとして制作された。

秋山邦晴『囚われた女』の一部(高橋アキ所蔵)
©2013 Tomonari HIGAKI/Kuniharu AKIYAMA.
プロデュース:川崎弘二|詩:秋山邦晴|声:河合拓始/太田真紀|録音:
牛山泰良|協力:高橋アキ/有馬純寿

プロフィール

檜垣 智也

HIGAKI Tomonari

日本

1974年、山口県生まれ。作曲家、アクースモニウム演奏家。

( 2014 )

部門トップに戻る