今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • ©2014 Koki Sone All Rights Reserved.

審査委員会推薦作品

写場

曽根 光揮

SONE Koki

インタラクティブアート [日本]

本作は短編映画の手法と、「カメラ」をインタラクションを生む装置として用いたインスタレーション作品。カメラマン役の男性が映画の中でシャッターを切ると、展示空間に設置されたカメラが鑑賞者を撮影する。その直後、鑑賞者の姿が写った写真が、映画の中で取り出される。鑑賞者は、自分と映画の人物との関係が捏造(ねつぞう)されてゆくさまを目撃する。

©2014 Koki Sone All Rights Reserved.

プロフィール

曽根 光揮

SONE Koki

日本

東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻在籍。

( 2014 )

部門トップに戻る