今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • ©Jorgen Axelvall

審査委員会推薦作品

I was looking for Park Hyatt Tokyo

Jörgen AXELVALL

グラフィックアート [グラフィックアート]

2005年に作者が初めて東京を訪れて以来、数年間かけてパークハイアット東京を被写体に撮影したシリーズ。映画『ロスト・イン・トランスレーション』(03年)に登場したこのホテルは、当時、作者が唯一知っていた東京の場所だった。到着するバスの中から撮影した一枚から始まり、毎回違う角度で常に同じカメラを用いて撮影している。

©Jorgen Axelvall

プロフィール

Jörgen AXELVALL

スウェーデン

アーティスト。

( 2014 )

部門トップに戻る