今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

  • ©ICHIHARA Etsuko/WATAI Taiki/FUJII Naotaka/WAKISAKA Sohei

審査委員会推薦作品

Watch Movie

妄想と現実を代替するシステムSR×SI

市原 えつこ/渡井 大己/藤井 直敬/脇坂 崇平

ICHIHARA Etsuko / WATAI Taiki / FUJII Naotaka / WAKISAKA Sohei

インタラクティブアート [日本]

本作は、虚構と現実の境界を判別不能にするSR(代替現実)技術と、触ると喘ぐ大根型のタッチデバイス(SI)を重ね合わせることにより、性的な情動を喚起する体験型のコンテンツとして開発された。視覚と聴覚、嗅覚や触覚など、人間の五感を複合的に同期させながらシステムを操作し、リアルな興奮体験を作り出すことに成功している。

©ICHIHARA Etsuko/WATAI Taiki/FUJII Naotaka/WAKISAKA Sohei
妄想監督:市原えつこ│SIデバイス開発:渡井大己│SRシステム開発・提
供:藤井直敬/脇坂崇平│映像出演:藤崎ルキノ

プロフィール

市原 えつこ

ICHIHARA Etsuko

日本

アーティスト、妄想監督。1988年愛知県生まれ。早稲田大学文化構想学部卒業。学生時代より、日本独自の文化とテクノロジーを掛け合わせたデバイス、インスタレーション、パフォーマンス作品を手がける。主な作品に、大根が艶かしく喘ぐデバイス『セクハラ・インターフェース』(2012)、虚構の美女と触れ合えるシステム『妄想と現実を代替するシステムSR×SI』(2013)、脳波で祈祷できる神社『@micoWall』(2012)等がある。

( 2015 )

渡井 大己

WATAI Taiki

日本

1985年生まれ。アーティスト、テクニカルディレクター。

( 2014 )

藤井 直敬

FUJII Naotaka

日本

1965年生まれ。医師、神経科学者、SR /ハコスコ開発者。

( 2014 )

脇坂 崇平

WAKISAKA Sohei

日本

1977年生まれ。認知心理学者、SR開発者。

( 2014 )

部門トップに戻る