今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • ©Shoko EBIHARA

審査委員会推薦作品

記念写真

海老原 祥子

EBIHARA Shoko

グラフィックアート [日本]

全国の観光地にある団体客用の撮影台に作家がスーツ姿でひとり立ち、現地の撮影業者に撮影してもらった写真を購入する。ネガやデータは手元に残らず、撮影依頼から購入までの一連の流れと、渡された1枚の観光写真が作品となる。日本各地を舞台に、ほぼ同じ構図の写真のなかでアイコン的に映る作家が、さまざまな日本の風景にインストールされていく。

©Shoko EBIHARA

プロフィール

海老原 祥子

EBIHARA Shoko

日本

東京都生まれ。写真家、美術家。

( 2016 )

部門トップに戻る