今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

  • ©2015 bind

審査委員会推薦作品

Polyphonic Drawing

木継 則幸/荒川 健司/阿部 奈々子/可兒 健城/辻村 和正/山屋 健

KITSUGI Noriyuki / ARAKAWA Kenji / ABE Nanako / KANI Takeshiro / TSUJIMURA Kazumasa / YAMAYA Takeshi

アプリケーション [日本]

モーションセンサーとバーチャルリアリティを組み合わせた、音と連動する3Dドローイング・アプリケーション。仮想空間のなかで、4種類の手のポーズによって音とオブジェクトを選び分け、まるで指で絵を描くように音を奏でることができる。自らの身体感覚を通じ、「動作」と「反応の知覚」の関係を再構築することで、視覚と聴覚が融合する新しい体験ができる。

©2015 bind

プロフィール

木継 則幸

KITSUGI Noriyuki

日本

1971年、長野県生まれ。インフォバーン、アートディレクター。

( 2016 )

荒川 健司

ARAKAWA Kenji

日本

1977年、滋賀県生まれ。モフ、アートディレクター。

( 2016 )

阿部 奈々子

ABE Nanako

日本

1977年、山形県生まれ。モフ、プログラマ。

( 2016 )

可兒 健城

KANI Takeshiro

日本

1979年、京都府生まれ。インフォバーン、テクニカルディレクター。

( 2016 )

辻村 和正

TSUJIMURA Kazumasa

日本

1979年、埼玉県生まれ。インフォバーン、デザインディレクター。

( 2016 )

山屋 健

YAMAYA Takeshi

日本

1979年、富山県生まれ。mixi エンジニア。

( 2016 )

部門トップに戻る