今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

  • ©Usamaru Furuya 2015 /SHINCHOSHA

審査委員会推薦作品

女子高生に殺されたい

古屋 兎丸

[日本]

「女子高生に殺されたい」という欲望をもつ高校教師の東山春人(ひがしやまはると)が、自らの理想を実現するため、巧妙かつ異常な計画を仕掛けるサスペンス物語。綿密に張り巡らせた伏線と、さまざまな登場人物の目線を通して事件が立体的に浮かび上がる小説的な構成が、リアルな画風とともに浮かび上がる。

©Usamaru Furuya 2015 /SHINCHOSHA

プロフィール

古屋 兎丸

FURUYA Usamaru

日本

1968年、東京都生まれ。マンガ家。多摩美術大学美術学部絵画学科を卒業。『月刊ガロ』(青林堂)にて『Palepolo』でデビュー。代表作は『ライチ☆光クラブ』(太田出版)ほか多数。現在『ゴーゴーバンチ』(新潮社)で『女子高生に殺されたい』、『ジャンプSQ』(集英社)で『帝一の国』を連載中。『ゴーゴーバンチ』(新潮社) Vol. 1(2013年10月)─連載中

( 2016 )

部門トップに戻る