今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

  • © Tant Mieux Prod, Editions Gallimard

新人賞

I Have Dreamed Of You So Much

Emma VAKARELOVA

短編アニメーション [ブルガリア]

「水平線」の叶わぬ愛を描いた短編アニメーション。「水平線」である彼は、海に浮かぶ一隻の小さなボートに乗った彼女に思いを寄せる。彼女は終わりのない海の水平線の先を進み続け、けっして「水平線」に辿り着くことはできない。そして、彼は彼女に触れようと願い試みるが、触れることはできない。本作は、フランスの詩人ロベール・デスノスの詩「I Have Dreamed Of You So Much」(1926)を題材にしている。鮮やかな色彩を用いた絵画のような映像世界と軽やかなナレーションがロマンティックな愛の物語を巧みに演出する一方で、シャープな筆致で細部までこだわった描写は、彼が彼女へ向ける実現することのない切ない心情を映しだしている。
3分

© Tant Mieux Prod, Editions Gallimard

プロフィール

Emma VAKARELOVA

ブルガリア

1988年、ソフィア生まれ。画家、イラストレーター、アニメーション監督。

( 2017 )

贈賞理由

アートフェスティバルや公募展で絵を鑑賞している時「これが動いたら、おもしろいのに」とたびたび思う。もちろん大きなお世話なのだが、この作品はその願望がかたちになったものかもしれないと第一印象で感じた。心地よいナレーションとゆっくりとした音楽に合わせて、豊かな色に彩られた画面がアニメーションならではの自由な構図と展開で推移していくのが心地よかった。メタモルフォーゼしていく動画は細部も全体も気持ちのよいタイミングで動いていた。マチエールも美しい、正に動く絵画といった、新人賞にふさわしい傑作である。(木船 徳光)

部門トップに戻る