今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • © Nina Kurtela

新人賞

The Wall

Nina KURTELA

写真、書籍 [クロアチア]

作者はベルリンを数カ月かけて訪ね回り、現代美術を扱うギャラリー、美術館、プロジェクト・スペースなど約300カ所の施設で、白い展示壁を撮影した。それらのデジタル画像をプリント写真のシリーズとして、またアーティストブックとして発表する。同書は壁の画像300枚を300ページに収め、現代ベルリンにおけるアートシーンの記録ともなるこのプロジェクトに協力した各施設の場所を示す地図を加えたものとなる。さらに、それぞれのページを「白紙」と捉えると、この本はまっさらなノートにもなりうる。作者は白い壁と白紙を見比べて、アートスペースもじつは鑑賞者に開かれた可能性に満ちた場で、鑑賞者たちが思い思いの形で空間を埋めていいのだと主張している。
サイズ:縦 約31cm x 横 約23cm(各プリント)

© Nina Kurtela

プロフィール

Nina KURTELA

クロアチア

ザグレブ生まれ。振り付けやサイトスペシフィックな実践を行なうコンセプチュアル・アーティスト。

( 2017 )

贈賞理由

ワシリー・カンディンスキーは、何も描かれていないキャンバスはけっしてニュートラルなメディウムではなく、すでに独特の響きを持っていると、バウハウスの授業で教えている。同様に作品が展示されるギャラリーや美術館の白い壁もニュートラルなメディウムではなく、形や色、素材によって構成された独特の響きを持っている。白い壁は「何もない空間」ではなく、意外に饒舌に我々に語りかけてくる。見逃しがちな展示空間の白い壁の存在を浮かび上がらせたこの作品は、我々にメディアの存在を強烈に意識させる効果をシンプルに力強く表現している。(藤本 由紀夫)

部門トップに戻る