今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

審査講評

こんな時代が求めるそんなマンガ

松田 洋子

マンガ家

「こんな時代になるとは思わなかったね」という会話をやたらとしている気がする。世界から戦争も、差別も、貧困も、病気もなくなって、宇宙ステーションで私は暮らしていたはずだった。そんなマンガばかり読んでいたせいだ。そんなマンガを学校に持っていって啓蒙活動をしていたら先生に見つかって没収されていたのに、今は文化庁で素晴らしいマンガを審査させていただいている。そんな時代でもある。どの時代にも障害はあって、生き方によってオプションの障害がついてくる。好きなことをやっているなら人生は天国だろうと思われがちだが、好きだからこその地獄がある。才能があろうとなかろうと、成功しようと挫折しようとある。それでも好きなことしかやれない人間が好きなことをやるというだけだろう。『BLUE GIANT』ではスポ根のごとくジャズをやり、『有害都市』では表現規制のなかでマンガを描く。時代で規制も評価もころころ変わる。当てにならないと心得て好きなことは好きなようにやるしかないのだろう。『未生 ミセン』では囲碁の世界で生きるはずが強制終了させられ、いまだ生きていない学歴も経験もない好きでもない正社員でもない会社員となる。だからといって不幸とは限らない。それまでの人生が無駄だったわけじゃない。まったく関係ないはずの経験が生きてくるおもしろさがある。そして偉大なる30年間のサラリーマン生活を送った『総務部総務課山口六平太』。少し早い定年になってしまったのは残念だけど、最後までバリバリの現役だったのは本当に素晴らしい。こんな時代は押し付けられているようで、どこかで自分が選んだ結果でもあるのだ。『月に吠えらんねえ』の詩人たちみたいに国威発揚のマンガが求められたりするのだろうか。それを歓迎したり非難したり、どうするかは描くのも読むのも覚悟がいる。なんでもありなのがマンガの魅力なのでそうであってほしい。そしていつか宇宙ステーションに住むのも諦めないでおきたい。

プロフィール

松田 洋子

MATSUDA Hiroko

マンガ家

1964年、大阪府生まれ、広島県育ち。高校卒業後上京、30歳で漫画家を志す。初めて描いた作品『薫の秘話』が第27回ちばてつや賞大賞を受賞し、95年『モーニング』でデビューする。以降、『秘密の花園結社 リスペクター』『まほおつかいミミッチ』『相羽奈美の犬』などの作品を幅広い作風と媒体で発表し、『赤い文化住宅の初子』は、2007年にタナダユキ監督により実写映画化される。『ママゴト』は、平成23年度[第15回]・平成24年度[第16回]文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品、および第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

( 2017 )

部門トップに戻る