今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

プロジェクション・ウォール

原 倫太郎

HARA Rintaro

インタラクティブアート [日本]

体験者が作品にアプローチをする度に、フレームからシャボン壁(スクリーンであり、コンテンツでもある)が立ち上がり、巨大なシャボン玉が放たれる。アンフォルメルなシャボン玉は体験者の方に向かいながら消失する。そこにはピクセルに変換された映像とは異なる、リアルでインタラクティブな映像が存在すると考える。

プロフィール

原 倫太郎

HARA Rintaro

日本

1973年生まれ。サンドベルグインスティテュート修了。「変換」をテーマにデジタルなエレメントをアナログ的手法で作品を制作。

( 2007 )

部門トップに戻る