今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

優秀賞

Pechat

『Pechat』開発チーム(代表:小野 直紀)

“Pechat” Development Team(ONO Naoki, Representative)

ガジェット [日本]

ぬいぐるみに取りつけるボタン型スピー カー。専用アプリを操作することで、子育てを支援するさまざまな機能を持たせることができる。ボタンは糸で縫い付けたり紐で引っ掛けたりして任意のぬいぐるみに取り付け、吹き込んだセリフをかわいい声に変換して発声するほか、自動で会話したり、歌ったり、物語を読み聞かせることができる。子どもにとって特別な存在であるぬいぐるみを、子育ての新しいインターフェースに変える製品である。泣き声検知機能、泣きやみ・おやすみ音楽機能などのあかちゃんモードや英語アプリもあり、アプリを拡張することで使い方が広がる。製品発表後、国内だけで10以上のテレビ番組、100以上のメディアで取り上げられるなど、高い注目を集めて発売当日には品切れになる店舗が続出した。発売以降もユーザー数は増え続けており、日本中に子育ての新しい風景を広げている。

プロフィール

『Pechat』開発チーム(代表:小野 直紀)

“Pechat” Development Team (ONO Naoki, Representative)

日本

小野 直紀|1981年、愛知県生まれ。monom代表/プロダクトデザイナー。 Pechatは、博報堂のプロダクト・イノベーション・チームmonomと博報堂アイ・ スタジオが企画・開発を行う。

( 2018 )

贈賞理由

ぬいぐるみに取りつけるボタン型スピーカー。専用アプリを操作することで、子育てを支援するさまざまな機能を持たせることができる。ボタンは糸で縫い付けたり紐で引っ掛けたりして任意のぬいぐるみに取り付け、吹き込んだセリフをかわいい声に変換して発声するほか、自動で会話したり、歌ったり、物語を読み聞かせることができる。子どもにとって特別な存在であるぬいぐるみを、子育ての新しいインターフェー スに変える製品である。泣き声検知機能、泣きやみ・おやすみ音楽機能などのあかちゃんモードや英語アプリもあり、アプリを拡張することで使い方が広がる。製品発表後、国内だけで10以上のテレビ番組、100以上のメディアで取り上げられるなど、高い注目を集めて発売当日には品切れになる店舗が続出した。発売以降もユーザー数は増え続けており、日本中に子育ての新しい風景を広げている。

部門トップに戻る