今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

  • © Miyoung BAEK 2018

審査委員会推薦作品

Le Mot

BAEK Miyoung

短編アニメーション [韓国]

人が一人、長テーブルの端に座って本を読んでいる。そこへもう一人が現れて反対端に座り、相手に向かって赤い玉を投げ始める。最初は気づかれないが、玉が頭に当たったのをきっかけに双方向のやり取りが始まり、やがて突然終わってしまう。人付き合いにおいて普遍的ともいえる、関係が終わったときに感じる切なさ、相手との関係性のはかなさを描いた作品。

© Miyoung BAEK 2018

プロフィール

BAEK Miyoung

韓国

1986年、韓国、釜山生まれ。韓国とフランスを拠点に活動する、短編アニメーション監督。

( 2019 )

部門トップに戻る