今年度のフェスティバルへ

エンターテインメント部門

部門トップに戻る

  • © ARVORE Immersive Experiences

新人賞

Pixel Ripped 1989

Ana RIBEIRO / Carlo CAPUTO / Julia LEMOS / Leonardo BATELLI / William RODRIGUEZ

ゲーム [ブラジル]

VRゲームの中で8ビットゲームをプレイするアドベンチャー作品。プレイヤーはテレビゲームが大好きなNicolaになり、彼女のお気に入りの携帯ゲーム「PixelRipped」をプレイしていく。場面は1989年の教室で始まり、Nicolaは先生に見つからないようVR内でも気を配りながら「PixelRipped」をクリアしなければならない。携帯ゲーム内のヒロインDotとその友達を助けるため、ゲーム機の画面を抜け出して「現実世界(VR)」に侵食し、さまざまな時代のゲームのあいだにポータルを開いて支配しようと目論むCyblinLordと戦う。ノスタルジックな8ビットの2次元世界ともカラフルな3次元世界が入り混じる、独特な世界観が楽しめる。

© ARVORE Immersive Experiences

プロフィール

Ana RIBEIRO

ブラジル

Pixel Rippedのクリエイター。ゲームデザイナー。

( 2019 )

Carlo CAPUTO

ブラジル

ARVOREのCTO

( 2019 )

Julia LEMOS

ブラジル

3D・2Dアニメーター

( 2019 )

Leonardo BATELLI

ブラジル

プログラマー

( 2019 )

William RODRIGUEZ

ブラジル

ピクセルアーティスト

( 2019 )

贈賞理由

ゲーム史には、新鋭メディアの表現のなかに、あえて旧世代の表現を「レトロ」視しつつ包摂することで、ゲームそのもののあり方を自己批評的に問い直すメタなタイトルが、折々の時宜に登場する。奇しくも平成起点の1989年に介入する本作は、いよいよVR時代におけるそんな記念碑性をキャッチーに具現化したインディー作品だ。日本ゲームの往年の名作をオマージュしたゲーム内ゲームと、プレイヤー視点の「現実」事象とを巧みに混淆させるデサインセンスは秀逸。開発者自らコスプレで「第四の壁」(虚実を分かつ境界)を越える強烈なプレゼンテーションも図抜けていた。(中川大地)

部門トップに戻る