今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

  • © Matsuda Hiroko 2017

審査委員会推薦作品

大人スキップ

松田 洋子

MATSUDA Hiroko

単行本・雑誌 [日本]

事故で眠り続けていた14歳の日野希子は、目覚めると40歳になっていた。中身は子供のまま、見た目は中年になった希子は、はたしていい大人になれるのか。思い描いていた将来よりずっと先の未来を迎えるこのとになった主人公が、26年後の世界、そして自分と向き合っていく過程が描かれる。大人を再定義する、不条理にして奇跡的な成長物語。

© Matsuda Hiroko 2017

プロフィール

松田 洋子

MATSUDA Hiroko

日本

1964年、大阪府生まれ、広島県育ち。高校卒業後上京、30歳で漫画家を志す。初めて描いた作品『薫の秘話』が第27回ちばてつや賞大賞を受賞し、95年『モーニング』でデビューする。以降、『秘密の花園結社 リスペクター』『まほおつかいミミッチ』『相羽奈美の犬』などの作品を幅広い作風と媒体で発表し、『赤い文化住宅の初子』は、2007年にタナダユキ監督により実写映画化される。『ママゴト』は、平成23年度[第15回]・平成24年度[第16回]文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品、および第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞。

( 2017 )

部門トップに戻る