今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Mascot

KIM Leeha

短編アニメーション [韓国]

市のマスコットキャラクターを目指すキツネの姿を通して、現代の若者が感じている苦悩と絶望を伝える。小さなアパートに住み、訓練校に通いながらアルバイトを掛け持ちするキツネは、子犬のような顔になるために借金をして整形するが、オーディションに落選してしまう。絵本のようなかわいらしいビジュアルと内容とのギャップが印象的な3DCGアニメーション。

プロフィール

KIM Leeha

韓国

1980年、韓国、テグ生まれ。2008年2月、漢城大学校ビジュアル・イメージ・デザイン科卒業。2017年2月、韓国芸術総合学校アニメーション科卒業。現在、Studio Leehaで短編アニメーションを制作。

( 2020 )

部門トップに戻る