今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

  • © Samuel Diggins

審査委員会推薦作品

The Welcome Chorus

Yuri SUZUKI

インタラクティブアート [日本]

英国ケントの現代美術館「ターナーコンテンポラリー」に設置された、12本のインタラクティブなスピーカーからなる作品。2つの方法で音が流れており、音楽家による歌詞やメロディをAIに送り込みそれを流す仕組みと、作品に向かって話しかける来場者の声やトーン、テンポなどをAIが認識して短いメロディを生成している。2つの音は数分おきに演奏され、ユニークなコーラスを生み出す。

プロフィール

Yuri SUZUKI

日本

( 2020 )

部門トップに戻る