今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

  • © Kashiwagi Haruko / Shogakukan

審査委員会推薦作品

健康で文化的な最低限度の生活

柏木 ハルコ

KASHIWAGI Haruko

[日本]

新卒で区役所に就職した義経えみる。彼女が配属されたのは、福祉事務所で「生活保護」に携わるケースワーカーの仕事だった。生活に困窮した人々を担当するなかで、自分の仕事の難しさと喜びに、えみるは次第に気づいていく。緻密なストーリー運びと巧みな感情表現で、今この国が抱える貧困のリアルに迫る本格社会派コミック。

プロフィール

柏木 ハルコ

KASHIWAGI Haruko

日本

1969年、千葉県生まれ。マンガ家。1995年、『ヤングサンデー』(小学館)にて『いぬ』でデビュー。同誌で『よいこの星』や2008年に映画化された『ブラブラバンバン』などを手がける。『週刊ビックコミックスピリッツ』(小学館) 2014年第27号─29号、39号─43号、48号、49号

( 2016 )

部門トップに戻る