今年度のフェスティバルへ

マンガ部門

部門トップに戻る

優秀賞

未来のアラブ人 中東の子ども時代(1978–1984)

リアド・サトゥフ/訳:鵜野 孝紀

Riad SATTOUF / Translation: UNO Takanori

[フランス/日本]

シリア人の大学教員の父とフランス人の母のあいだに生まれた、ヨーロッパを代表するマンガ家の自伝的コミック。各国でベストセラーとなり、累計200万部を突破した人気シリーズの一作品。カダフィ政権下のリビアに移住して大学教員となったリアドの父、アブデル・ラザック。しかしリビアでは、食物は配給制、住居の私有は禁止されており、やがて一家は、母、クレモンティーヌの故郷、フランス・ブルターニュ地方に一時的に身を寄せる。アブデル・ラザックはダマスカス大学への就職を選び、ハーフィズ・アル=アサド政権下のシリアに移住し、彼の出身地の貧村に住む。理不尽な家族関係、処刑された人の姿などを見つめつつ、父が望む「未来のアラブ人」を目指し、リアドはたくましく育っていく。作中ではリビアでの出来事は黄色、フランスは水色、シリアはピンクとそれぞれ色分けされ、文化の狭間で翻弄される主人公の姿をコミカルに描いた。

© Allary Éditions / Takanori UNO / Kadensha

プロフィール

リアド・サトゥフ/訳:鵜野 孝紀

Riad SATTOUF / Translation: UNO Takanori

フランス/日本

( 2020 )

贈賞理由

誰にでも幼少期はあるが、誕生から6歳までという短い期間に3つの国で暮らすことは珍しいだろう。しかもそれは、フランスと、独裁政権下のリビアとシリアでの生活である。シリア人の父とフランス人の母という2つのルーツを持つ作者は、異なる文化を有する国々で幼い彼が見聞きし体験したことを驚くほど率直に描く。その一方で、表現には周到に工夫がなされ、それぞれの国の地面と印象に由来するという背景の色分けや、配給のバナナのおいしさ、早朝に突如響く礼拝の声などの印象的な音、そして特に匂いに関する細やかな描写などが読者の感覚に訴え、物語を立体的に感じさせてくれる。シンプルな描線のキャラクターを独特のリズムを持つコマ割りで描くことで、時に衝撃的な部分もある内容を淡々とユーモラスに伝えることに成功した本作は、希有な体験の貴重な記録であるとともに、すぐれたクリエイターのすばらしくおもしろいマンガ作品として贈賞にふさわしいと判断した。(川原 和子)

部門トップに戻る