今年度のフェスティバルへ

アニメーション部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

Awkward

Nata METLUKH

短編アニメーション [ウクライナ]

通りで向かい側から歩いて来た人と道を譲り合う。エレベーターに走って乗り込んだはいいが、お腹が鳴ってしまう。特別なイベントで同じドレスを来た人と遭遇する。そうした多くの人が共感できる日常の「微妙(awkward)」な場面を、鮮やかな色彩とコミカルなタッチで描いた作品。最後の場面では、すべての登場人物が誕生会に集合する。

プロフィール

Nata METLUKH

ウクライナ

( 2021 )

部門トップに戻る