今年度のフェスティバルへ

アート部門

部門トップに戻る

審査委員会推薦作品

On Framing Textile Ambiguities

Nathalie GEBERT

メディアインスタレーション [ドイツ]

人類最古の技術である織物を通して、コンピュータアートの歴史を批評的に探求する作品。本作を構成する一連の機械は同一の糸と部品でつくられているが、フレームの幅によって変換される図柄が変化する。ジャカード織機に祖を持つパンチカードシステムはコンピュータを含むあらゆる自動化プロセスを発展させたものであり、コンピュータサイエンスと織物加工の技術的なつながりを示唆している。

プロフィール

Nathalie GEBERT

ドイツ

( 2021 )

部門トップに戻る