今年度のフェスティバルへ

プロフィール一覧

プロフィール一覧に戻る

中ザワ ヒデキ

NAKAZAWA Hideki

美術家

日本

1963年、新潟県生まれ。千葉大学医学部在学中の83年よりアーティスト活動を開始(第一期:アクリル画)。卒業後眼科医となるも90年、絵筆をコンピューターのマウスに持ち替えイラストレーターに転身(第二期:バカCG)。97年、CGの画素を文字等の記号に置き換え純粋美術家に転身(第三期:方法絵画)。2006年、方法主義では禁じていた色彩を再び使用し、以後多彩に活動(第四期:本格絵画、新・方法、第四表現主義ほか)。宣言「方法主義宣言」「新・方法主義宣言」。特許「三次元グラフィックス編集装置」「造形装置および方法」。著書『近代美術史テキスト』『西洋画人列伝』『現代美術史日本篇1945─2014』。CD『中ザワヒデキ音楽作品集』。代表作《文字座標型絵画》《単一曲線》《盤上布石絵画》《質量》《金額》《芸術特許》《灰色絵画》《脳波ドローイング》《アンチアンチエイリアシング》。

( 2016 )

プロフィール一覧に戻る