今年度のフェスティバルへ

プロフィール一覧

プロフィール一覧に戻る

岡部 あおみ

OKABE Aomi

美術評論家

日本

東京都生まれ。パリのポンピドゥ・センターで「前衛芸術の日本1910-70」展(1986-87年)に関わり、パリ国立高等美術学校では日本の文化と現代美術の講義を担当。武蔵野美術大学芸術文化学科で12年間専任教員として芸術と社会について実践的な講義と活動を行い、ニューヨーク大学でも1年間研究に携わる。95年の震災後、阪神アートプロジェクトを企画、2013年春に松島で「ジョルジュ・ルース アートプロジェクト in宮城」を企画・実施する。現代アートを支える人々と対話を行うCulture Powerのウェブサイトを創設。資生堂ギャラリー・アドバイザー。著書に『アート・シード─ポンピドゥ・センター美術映像ネットワーク』(リブロポート、93年)、『アートと女性と映像─グローカル・ウーマン』(彩樹社、03年)他。映像作品に『田中敦子 もうひとつの具体』。

( 2014 )

プロフィール一覧に戻る