今年度のフェスティバルへ

プロフィール一覧

プロフィール一覧に戻る

木下 小夜子

KINOSHITA Sayoko

アニメーション作家 / プロデューサー

日本

東京生まれ。女子美術短期大学造形科卒業。1970年代より、アニメーションやメディアを基軸とした制作、開発、教育、振興など、幅広い事業を国内外で展開し、その領域はアニメーションのみならず、ドキュメンタリーやフィクションなどを含む映像分野全般に及ぶ。故木下蓮三氏と共に制作した短編アニメーション『MADE IN JAPAN』(1972)、『日本人(ジャポネーゼ)』(1977)、『ピカドン』(1978)、『最後の空襲くまがや』(1993)、『琉球王国―Made in Okinawa』(2004)などが、各国の国際映画祭にてグランプリや優秀賞を多数受賞。1985年、広島国際アニメーションフェスティバルを企画・実現して以後、総指揮を歴任。国内外の美術館や映画祭のプログラムを多数制作するほか、芸術大学や映画祭などでの講義・講演・ワークショップ・審査員歴多数。2006~09年、国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)会長を務め、現在副会長。同日本支部(ASIFA-JAPAN)会長。日本アニメーション学会顧問。大阪芸術大学客員教授。女子美術大学理事。同大学同窓会会長。

( 2011 )

受賞歴

プロフィール一覧に戻る